自然妊娠 確率

自然妊娠したいなら生活改善した方がいい?

自然妊娠をしたい場合、生活習慣の改善も必要になります。乱れた生活をしていると妊娠しづらい体になってしまうのです。

まず、喫煙者は禁煙をなさって下さい。

タバコを吸うと血管が収縮して、血液の流れが悪くなり、卵子の着床を妨げてしまいます。もちろん、妊娠した場合は必ずタバコをやめないといけないのです。

運動不足だった方は適度に体をうごかすようにしてください。体を動かすことで、血液の流れが良くなり、冷えを改善できます。ただし、激しい運動はホルモンバランスを乱す原因となるので、ほどほどにしてください。

肥満もホルモンバランスを乱す原因になるため、太り気味の方はダイエットをはじめましょう。しかし過度なダイエットは無月経になる恐れがありますので、無理はしないでください。

そして、コーヒー(夏にはアイスコーヒーも好んで飲まれます)をたくさん飲むのもよくありません。コーヒーの飲み過ぎは妊娠する確率を下げてしまうから、麦茶などのノンカフェイン飲料に切り替えた方がいいですね。また、体を温めるためにお風呂にゆっくりと浸かるのも効果的です。

どのくらいの確率で自然妊娠する?

自然妊娠する確率は年齢によって異なります。そもそもタイミングを合わせて性交渉をしても、100%妊娠するわけではありません。

25歳〜30代前半の人でさえ、25%〜30%程度のですよ。

30台後半だと18%、40代前半だと5%、40代後半になってしまった場合には1%程度かも知れませんね。

以上のように年齢を重ねれば重ねるほど、どんどん自然妊娠する確率は低くなっていくはずです。そのため、自然妊娠を希望される方は、若いうちから行動を起こして下さいね。

四十台で自然妊娠するのは非常に厳しいです。また、年齢もそうですが、体調やストレスなども自然妊娠と関係しています。

若い女性でも体調が悪かったり、大きなストレスを抱えていると自然妊娠する確率(高いからといって必ずしもそれが起こるとは限りません)は下がります。みなさんが思っている以上に自然妊娠はむつかしいことなのです。

自然妊娠の確率をアップさせるには、排卵日だけではなく、違う日にも性交渉を行ってください。定期的に性交渉をしていた方が妊娠する確率が高いとなるんです。

 

サイトマップ