妊娠 生活習慣

妊娠しにくくなる生活習慣

妊娠しにくくなる生活習慣は以下の通りでしょう。

・お風呂はシャワーだけ
・同じ姿勢でいることが多い
・過度なシェイプアップをしている
・睡眠不足
・運動不足(ジョギング、ランニングが流行していますが、これまであまり運動していなかったのにいきなり長時間赭ったりすると、膝の故障などが起こってしまいます)

お風呂はシャワーだけと言う人も多いのですが、妊娠したいのであれば、湯船に浸かるようにしてください。シャワーだけでは体を温めることができず、妊娠しづらい体になります。毎日しっかりと湯船に浸かって、体を温めるようにしましょう。

同じ姿勢で過ご行っている方も妊娠しづらいです。ずっと同じ姿勢だと血行が悪くなり、冷えの原因になります。

デスクワーク(その名の通り、机の上で行う仕事全般をいいます)をしている人は長時間同じ姿勢でいる事が多いので、定期的にストレッチなどをして、筋肉の緊張をほぐすようにしてください。

過度なダイエットも妊娠に良くありません。特に食事を過度に制限するダイエットは、栄養バランスが偏ってしまうので妊娠しにくくなります。またホルモンバランスを崩す原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)にもなってしまいます。

そして、睡眠不足や運動不足(休日などにいきなりハードな運動を行うと、かえって体に負担をかけてしまいますから、徐々に運動量や負荷を増やしていきましょう)も妊娠しにくくなるので気をつけましょう。

夜更かしをせずに早めに寝て、毎日適度な運動をする事をおすすめします。

 

サイトマップ