コーヒー 妊娠

コーヒーを飲みすぎると自然妊娠できない

コーヒーを飲みすぎると自然妊娠出来ないといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

適量なら問題ありませんが、過度にコーヒーを飲むのは自然妊娠の妨げになります。これはコーヒーに含まれているカフェインが関係しています。

カフェイン(栄養ドリンクにも含まれていることが多いので、成分表記はよく確認した方がいいですね)を過剰に摂取すると妊娠しづらい体質を作り上昇させる場合があるため、不妊の原因のひとつだといっていいかもしれません。

さらに、カフェイン(覚醒作用や利尿作用があり、寝る前に飲んでしまうと睡眠の質が落ちます)は体を冷やす働きもあり、冷え性を悪化させる可能性がありますから注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)しましょう。

冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)は子宮の活動を低下させてしまい、妊娠しづらい環境を作る恐れがあります。また、カフェイン(覚醒作用や利尿作用があり、寝る前に飲んでしまうと睡眠の質が落ちます)には利尿作用もあるため、過剰に飲むとトイレ(トイレ掃除をすると金運がよくなるといわれています)が近くなり、ビタミンやミネラルと言う妊娠に必要な栄養を尿と一緒に排出してしまうはずです。

このようにコーヒー(淹れ方によっては特別な器具や道具が必要になることもあります)は妊娠したい人に取って害になりかねませんから、できる限り控えるようにしてください。如何してもコーヒーが飲みたい場合はノンカフェインのコーヒーがおすすめです。

 

サイトマップ