妊娠 育児

妊娠中の育児法

妊娠中の育児について重要な点は、

お母さんがこれから見たり聞いたりして感じた情報はすべておなかの赤ちゃんはわかるという認識もつこと。

一番需要なのはおなかの赤ちゃんに愛情を持つことです。

私たちもそうですが、愛情というものは目には見えませんが非常に心地よいものです。好きな相手と一緒にいる時間はとても心地よいものです。嫌いな相手と過ごす時間はストレスしか感じません。

お母さんがおなかの赤ちゃんに愛情を持ち、優しい気持ちで接するとおなかのなかで赤ちゃんはしっかり感じ取ります。

このような気持ちのコミュニケーションをとることが妊娠中の育児法です。

子宝コンサルタントの溝口博士は、妊娠中のこの時期にお母さんがテレビや週刊誌を見ないように指導しています。

なぜなら、テレビの衝撃映像や暴力的なシーン、週刊誌に掲載された悲惨な画像などを見て不安になったり恐怖心を持つことはおなかの赤ちゃんに多大な影響をあたえるからです。


妊娠中はゆったりとした心をもち、お父さんにも協力していただきおなかの赤ちゃんに愛情をもって語りかけたり、お母さん自身がストレスを感じない生活を心がけることがおなかの赤ちゃんにとって最良の育児になるようです。



 

サイトマップ